NECからオンプレPBXとも接続可能なオールインワン クラウドPBX登場

ビジネス電話設備で国内シェアNO.1のNECからDX時代の企業で必要とされるクラウド型コミュニケーションシステムが発売されました。名称は「UNIVERGE BLUE」(ユニバージブルー)。

アメリカで利用者が増えつつあるUcaas(Unified Communications as a Service)サービスで、音声通話のクラウド型PBX機能+リモートワークで欠かせないWeb会議機能+クラウド型ファイル共有機能(50GB)+ビジネスチャット機能がオールインワンになっています。

UcaaSとしてはMicrosoftのTeamsが有名ですが、NEC  UNIVERGE BLUE はMicrosoft Teamsに比べ「音声通話」の使いやすさに特長があり、オンプレPBXやビジネスフォンと接続(NEC SVシリーズ、ASPIRE-WX)が可能ですので操作・運用がシンプルでわかりやすくなっています。

月額基本利用料は1,500円/アカウント(税別)。音声通話中心のクラウドPBX機能だけではなく、Web会議システム・ファイル共有・ビジネスチャットもできるのでリモートワークでも活躍、また一般的なクラウドPBXと違ってアカウント単位での契約なので1アカウントで「スマートフォン」「パソコン」「タブレット」など複数デバイスでの利用が可能になります。

クラウドPBXの導入を検討されているお客様、オンプレの電話設備との混在でスマートフォン内線を構築したいお客様、外出先からでも事務所外線を使って携帯通話料金をおさえるとともに相手先電話に携帯電話番号ではなく事務所電話番号を表示させたい方、ZoomでWeb会議を自由に開催したいがZoomライセンス料金が高額になるため共有ライセンスとなっているお客様、統合的なコミュニケーションツールが欲しいお客様はぜひこの機会に UNIVERGE BLUE をご検討ください。

UNIVERGE BLUE